「いつまでも住み慣れた地域での生活、
  療養を担保できるように」

医療法人 開生会
かいせい病院

 当法人は、祖父が大正11年に医院開設以来 当地で地域医療に従事させて頂いております。昭和57年11月かいせい病院(ベット41床)を開設し現在地に移転。一般内科、眼科を主に標榜する地域密着の医療機関として地域皆様方にご利用いただいております。医療の効率、大規模病院への患者様の集中を避けるため、医療の機能分担が叫ばれており、そのためには地域中核病院との連携を持ち「急性期治療を終えた患者様の受け入れ」「在宅診療への中間施設として位置する」病院の必要性は高くなっています。当法人の目指す「いつまでも住み慣れた地域での生活、療養を担保できるように」を、実現可能になるよう、老人保健施設・デイサービス・ヘルパーステーション・居宅支援事業所に加え、28年度よりはリハビリテーション科を増設しております。外来診療では、内科(消化器、呼吸器 循環器 内分泌(糖尿病))、外科 整形外科 小児科を行っています。
法人内の介護サービスとの連携により訪問診療も行い切れ目の無い医療、介護に努めています。

 地域皆様の信頼に応え・皆様のお役に立てるよう「医療・介護を通じて社会にサービス」できるよう更に精進したいと思っています。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

医療法人 開生会
理事長 菅 栄